オンライン収入NEXTとは?

最近、YouTubeをよく見る機会が多いです。そして、YouTubeに欠かせないもの、それは広告です。

YouTubeの広告で、「この動画をスキップするともう二度と表示されません!」というものが多いのですが、今日ご紹介するのはそれらの広告の内の一つです。

ちなみに、スキップしても何度でも表示されます……そうやって煽っているんでしょうね。

オンライン収入NEXTとは?

onlineshunyu

引用元:https://saktom-cp.net/next-lp1/?lid=eew&aid=4htf

まず、上の画像を見ていただきたいと思います。

スマホを使うことはわかりましたが、作業時間ゼロというのはどういうことなのでしょうか?

今まで様々な情報商材やら高額塾を検証してきましたが、作業時間ゼロというのはなかったと思います。

こうなると、どういう仕組みで不労収入を得ているのかが気になります。

特定商取引法に関する表示

販売業者 BPOINT PTE.LTD.
所在地 Triple One Somerset,#03-09,111 Somerset Road Singapore 238164

引用元:https://next.bnncpx.net/lp-policy/

所在地がシンガポールとなっています。気になったので、こちらの住所で検索をかけてみたところ、バーチャルオフィスだということがわかりました。

onlineshunyu2

引用元:https://www.regus.co.jp/virtual-office/singapore/singapore/singapore/singapore-triple-one-somerset

日本国内であろうと、海外であろうと、バーチャルオフィスを所在地にしている事業者は要注意だと個人的に思います。

寺澤英明氏とは?

特定商取引法に関する表示には書いてありませんでしたが、寺澤英明氏という方が公式プロモーターということになっています。

下記が寺澤氏の公式プロフィールとなります。

寺澤英明
神奈川県出身/54歳

外資系証券会社を経て
ファイナンシャルアドバイザーとして独立。

日本で約3,000名しかいない
テクニカルアナリストの資格を持つ
敏腕コンサルタント。

ビジネス界の重鎮とパートナー契約を
結び多方面に活動する一方、自身でも

オフラインでコミュニティを持ち
400名以上の生徒に不労収入の
道を提供してきた。

現在は「どんな初心者でも絶対に失敗しない」
NEXTの稼ぎ方を実例を用いながら
分かりやすく解説している。

引用元:https://saktom-cp.net/next-lp1/?lid=eew&aid=4htf

寺澤氏の経歴からすると、この商材は、投資系なのではないか?と思ったのですが、どうでしょうか?

ちなみに、寺澤氏の経歴の中で売りになっている「テクニカルアナリスト」という資格についてもちょっと触れたいと思います。

テクニカルアナリストとは?

テクニカルアナリストとは、日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)により実施される、チャート分析・テクニカル分析に関する知識を評価する資格試験です。

資格レベルは3段階に分かれています。

第1次資格:CMTA(Certified Member of The Nippon Technical Analysts Association)
第2次資格:CFTe(Certified Financial Technician)
第3次資格:MFTA(Master of Financial Technical Analysis)
第1次資格試験は年に二回、第2次資格試験は年に一回実施され、それぞれ受験には「通信教育講座」の受講が必須となります。第3次資格(MFTA)は論文の提出による試験で、年に二回の募集期間があります。

引用元:https://jqos.jp/minkan/technicalanalyst#p07

一見難しそうな感じのする資格ですよね。

そして、日本でこの資格を持っているのはわずか3000人と聞くと、一体、どんな難関資格なのかと思ってしまいませんか?

で、調べてみました。

実施年 受験者数 合格者数 合格率
2020年 345人 270人 78.3%
2019年 475人 298人 62.7%

引用元:https://jqos.jp/minkan/technicalanalyst#p03

え? 合格率めちゃくちゃ高くないですか!

特に2020年なんて、合格率が約8割ですよ! しかし、医者の国家試験みたいに、受験資格を得るまでが大変な資格なのかも知れません……と思い受験資格を調べてみたところ、

■第1次資格

  • 通信教育講座:年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。
  • 試験:第1次通信教育講座の受講修了者

■第2次資格

  • 通信教育講座:第1次資格(CMTA)の保有者で、協会会員
  • 試験:第2次通信教育講座の受講修了者

■第3次資格(MFTA)

引用元:https://jqos.jp/minkan/technicalanalyst#p05

とりあえず一番下位の資格であれば、通信教育が修了していれば誰でも受験できるようです。

テクニカルアナリストの場合、予備校の講座はありません(受験者数が極端に少なく、合格率も低くはないため需要がないのだと思います)。

引用元:https://kobito-kabu.com/cma-cmta-chigai-hikaku/

3000人しか持っていない資格というところに騙されないでください。

3000人しか合格できなかった難関資格ではなく、マイナー過ぎて3000人しか持っていない資格という意味です。今のところ。

オンライン収入NEXTの内容とは?

だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、結局、オンライン収入NEXTとは何なのか? どうやってお金を稼ぐのかということですが、こういうことらしいです。

気になるオンライン収入NEXT(ネクスト)で構築する不労収入の仕組みですが、それはFXと仮想通貨を使ったものだそうです。

引用元:https://business-tree.hatenablog.com/entry/2021/07/18/230459

あれだけ煽っておいて、結局はFXと仮想通貨? 正直言ってがっかりです。

広告にはっきりと「FXと仮想通貨で稼ぐ」ということが書いてあれば、スルーされていたと思います。

むしろ、FXや仮想通貨という言葉だけを聞いて、拒絶反応を起こす方が多くいると考えられます。なので、あえてFXと仮想通貨には触れていないのではないでしょうか?

FXにしろ仮想通貨にしろ、出始めのころは、はっきりとFXなり仮想通貨との表記がされていました。それはなぜか? それはまだこれらが未知のものだったからです。

未知のものであるうちは、興味を持つ人もいて、FXや仮想通貨についてのセミナーで人が呼べました。

しかし、もうすでにFXも仮想通貨も未知のものではありません。むしろマイナスイメージが大きいです。なので、わざわざ「不労収入」という言葉で誤魔化しているのでしょう。

もうお気づきかと思いますが、スマホ1台でできるのは正解ですが、作業時間がゼロというのはあり得ませんし、FXや仮想通貨で毎日利益が出るというのも眉唾物だと私は感じました。

ついでに言わせていただくと、誰でも毎月50万円目指せるという文言は要注意です。

まとめ

私は、この講座の内容云々よりも、寺澤氏がテクニカルアナリストという資格を、いかにも難易度の高い希少な資格であるようにアピールしていることが気になります。

こういう方が主催している講座って信用できますか? 私だったらできません。

今までは、講座の内容について検証してきましたが、講座の内容に関しては、もうすでにパターン化しています。

なので、主催者の経歴について色々と見ていくことが必要となってます。

大切なお金を守るためです。下調べはしっかりとしましょう。

ちなみに、この講座が強調している「誰でも毎月50万円が目指せる」という部分ですが、「目指せる」という文言が気になりますが、「誰でも」と言っていますので、稼げなかった場合は詐欺に当たるかも知れません。